テックロ野球論

 

 

 

テックロの野球についての考えを勝手に論じます。
主に少年野球における監督・コーチの指導法、親の立ち振る舞い、チームのあり方などについての、あくまでも個人的な見解です。

 

当然、異論はあるでしょう。
ですが、これを読んでくれた方々が少しでも何かを感じてくれて、良い意味での議論が読者の周りで生まれてくれたら幸いです。

 

なお、少年野球のあり方に関して私が強く影響を受けたのが桑田真澄氏、筒香嘉智選手の主張です。

 

私が野球をしていた昭和の時代は、勝利至上主義は当たり前で、シゴキや暴力は愛のムチとされていました。そして、私もそれが当然だと思って野球に取り組んでいました。
しかし、野球をやめて長い年月が経ち、息子が野球を始めた頃に桑田氏、筒香氏の見解に触れ、私の野球観は大きく変わりました。

 

 

私は脱・勝利至上主義です。
少年野球の目的は選手一人ひとりの育成であるべきです。

 

 

脱・勝利至上主義が少しでも広がるよう、私も微力ながら訴えていきたいと思います。

 

 

テックロ野球論記事一覧

少年野球をやっている選手・子供たちに伝えたいことを勝手に論じます。君たちには夢がある!未来がある!野球はつらい事だけじゃないよ!

少年野球チーム、中学硬式野球クラブチームの選び方、勧誘、父母会、飲み会などについてテックロの考え・希望を勝手に論じます。