成長期のスポーツ少年はたんぱく質不足!背を伸ばすためプロテインサプリメントで補いましょう

 

 

回復→成長(足りてるか?)

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

今回は「成長期のスポーツ少年がプロテインサプリメントを摂取する必要性」について語りたいと思います。

 

 

 

子供にプロテインを飲ませると背が伸びなくなる・・・

 

 

 

迷信です

 

むしろ、不足しているたんぱく質(軟骨細胞の原料)をサプリメントで補うことにより、骨の成長を促進させる効果があります

 

たんぱく質を消化→アミノ酸に分解される→コラーゲンの原材料となる→成長軟骨が増殖する

 

より詳しく知りたい方はこれなどを→「軟骨形成を司るタンパク質

 

 

スポーツ少年にプロテインサプリメントが必要な理由

 

 

成長期のスポーツ少年は体重1sあたり2.2〜2.5gのたんぱく質が必要です。
運動していない大人よりも必要です。

 

なぜなら

 

運動→回復(たんぱく質を使う)→睡眠→成長(たんぱく質を使う)

 

このように、「回復」と「成長」の2段階でたんぱく質を必要とするからです。

 

 

@スポーツする→筋組織が破壊される→回復のためのたんぱく質が必要となる
A成長期の睡眠→筋肉、骨、血液などを作るためのたんぱく質が必要となる

 

 

もし、「回復」の段階でたんぱく質を使い切ってしまうと・・・体は十分に大きくなりません。
本来ならば届くはずだった身長に到達できません

 

中学校の部活を引退した後に急に背が伸びる子がいますよね?
部活をしている間はたんぱく質が足りていなかったということなんです(そして引退後もまだ『成長期』だったという幸運な子)。

 

 

覚えておいてくださいね。

 

 

 

人生の中で最もたんぱく質を必要とする時期は成長期≠ネのです

 

 

 

我が家では息子の食事には人一倍気を使っているつもりです。
なぜなら、父163cm 母157cm
普通に考えたら息子の身長は高くなりにくい。
何らかの対策をとらなければ親と同じくらいの身長で止まる可能性が極めて高い。
だからこそ、息子が健康に、そして大きく育つために、親として私も妻もできる限りのことをやっているつもりです。

 

でも、野球をしている息子が大きくなってくると・・・

 

 

体重1sあたり2.2~2.5gのたんぱく質

 

 

毎日は難しい。
妻はがんばって手作りの食事を毎日作っていますが、ちょっと無理です。
毎日ささみ≠ホかりというわけにもいきませんからね・・・

 

そして、子供の方も食べられる量には限界があります。
無理に食べさせると内臓に負担がかかるので逆に体に良くありません。
全ての栄養素を食事で摂るという考え方は、やはり古いです。
食事が一番大切なのは間違いありませんが、スポーツ少年の場合はサプリで補足するのが合理的です、と食育を学んだ妻に言われました(^^;)

 

だから、男の子の体が急成長を始める10歳の時から息子にはサプリメントを飲ませることにしました。
周囲のご家庭よりも早かったですが、遅れるよりは良いと思っていました。
この時期は人生で二度と来ないので。

 

 

プロテインサプリメント摂取のタイミング

 

 

プロテインサプリメントを摂取するのは運動後30分以内(常識)。
回復のために体が栄養を取り込みやすくなっている時間帯であり、このチャンスにサプリメントを摂取することで体づくりを効率よく行えます。
息子には練習直後にグランドで飲ませています。

 

 

息子の成長記録【途中経過】

 

 

10歳の誕生日からサプリメントを摂り始めました。

 

10歳の誕生日
身長 139cm 体重 34s

 

それから3年後の13歳の誕生日
身長 165cm 体重 52s

 

3年間で身長が26cm伸びました。
現在ももちろん伸びています(13歳1か月で身長166cm)。
体重は18s増えましたね(でも細いです。上に伸びることに使われたのでしょう)。

 

 

サプリメントを摂取した効果として身長が何cmプラスになったかは判断できません。
妻のがんばりも、かなりの効果を発揮しているはずですからね。
しかし、サプリメントを摂取することで、1日に必要なアミノ酸を毎日欠かさず摂ることができるようになったことは間違いありません。
私としては体をより大きくすることができたと信じています。

 

これからも、息子が野球を続ける限りは飲ませようと思っています。
たとえ身長が止まった後でも、筋肉を作っていかなければいけませんからね。

 

 

追記 14歳の誕生日
身長 173cm 体重56s
期待を上回る成長ぶりです。まだまだ伸びそうです。

 

なお、サプリメントは何種類か試しましたが、最終的にはこれらに落ち着きました。
小学生時代→「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル
中学生時代→「ノビエース
選んだ理由はサプリの目的ですね。
これらはいわゆる大人が飲むプロテインではありません。
スポーツをしている成長期の子供がより身長を伸ばすために作られたサプリです。
タンパク質だけでなく、成長期に必要な様々な栄養素が凝縮されています。
小学生向きが「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)
中学生・高校生向きが「ノビエース
息子の年齢に応じてふさわしいサプリを選んだつもりです。

 

現在摂取しているサプリ(ノビエース)↓

 

「成長読本」等のテキスト教材で、中高生が身長を伸ばすために必要な栄養の摂り方を学べます。

 

 

* 身長の伸びが完全に止まったら、次は筋肉をつけることを主目的としたプロテインに移行する予定です。
  長期計画で子供の成長をサポートしていきたいと思っています。

 

 

回想録

 

ところで・・・

 

もし私が子供の頃このようなサプリメントを飲んでいたらどうなっていただろう?と思うことがあります。

 

私が子供の頃「体重×2.2~2.5gのたんぱく質」を摂取していたかというと・・・・
絶対に摂取していない

 

よくカップ麺やファストフードを食べさせてもらっていましたからね。

 

いや、私は親からたっぷりと愛情を注がれて育ってきましたよ。
親には本当に感謝しています。

 

でも、もし私がこのようなサプリメントを飲んでいたら・・・

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加