最先端!少年野球チームの部員募集戦略

 

 

野球人口は減少の一途をたどっています。
解散する野球チームも後を絶ちません。
このままでは野球界そのものが、その土台から崩れてしまいます。

 

 

今こそ野球チームのあり方を根底から考え直し、
現代社会に通用する部員勧誘戦略を立て、
野球界を盛り上げていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

サンプルホームページ

 

サンプルブログ

 

サンプルチラシ

 

部員募集戦略のまとめ

 

 

最先端!少年野球チームの部員募集戦略記事一覧

野球でしょ!!今回は部員募集活動に力を入れない野球チームの末路≠ノついてお話しします。昭和の時代は何もしなくても勝手に部員が集まっていた少年野球チーム。しかし、時代は変わってしまいました。少子化傾向に加えて野球以外のスポーツへの人気が高まっています。さらに、営利目的のスポーツスクールが増え、ここに子供たちが取られているという現状もあります。そのため、近年ではほとんどの野球チームは部員が集まらずに...

ターゲット今回は消滅の危機にあった我がチームの父母会長が実践してうまくいった部員募集戦略の概要≠お話しします。⇒サンプルホームページ⇒サンプルブログ⇒サンプルチラシ⇒部員募集戦略のまとめターゲットは親前のページでも書きましたが、我がチームが実践した部員募集活動は、ビジネスにおける営業戦略の応用です。ビジネスにおける営業活動ではターゲットを明確に絞ることが鉄則です。なので、部員募集活動のターゲッ...

昭和から続く伝統ある野球チームも、近年の野球人口減少の影響で次々に解散に追い込まれています。積極的に部員募集活動をしなければ、野球チームの存続は難しいのが現状なのです。他のチーム、他のスポーツ、企業のスポーツスクールに子供を取られないように、ちゃんとした戦略に基づいて部員募集活動を行いましょう。そのための第一歩が、ちゃんとしたホームーページ≠作ること。この章では、ビジネスサイトと同レベルのホー...

「ホームページ」ができたら次は「ブログ」の作成です。既にお話ししましたように、入部すべき野球チームを探している親子は、それぞれのチームの直近の情報(部員数、試合結果、個々の選手のレベルなど)まで欲しがります。この直近の情報がないと、入団を決意する決め手に欠けるのです。そこで、この種の親子をチームに誘い込むために、直近の情報を時系列に沿って提供する「ブログ」を作成する必要があるのです。この章では、野...

「野球に興味を持っていない親子」をチームに誘うには押しのアナログ営業ツール<`ラシしかありません。「子供」に興味を抱かせ、「親」に行動を起こさせる勧誘チラシの作り方をご説明します。

これまで、ホームページ、ブログ、チラシを使った部員募集方法について説明してきました。結構考え抜いて作り上げた戦略なので効果は高いと思います。なのですが・・・それと同じくらいに効果が高い勧誘方法があります。ママ人脈結構、この人脈から入部してくる子供はいますね。あなたのチームにも何人かいるんじゃないでしょうか?少年野球チームの母たちの中にはチームの活動に熱心な方が多いです。だから、部員募集活動にも積極...

方針と実態の一致(*方針には一言あり)これまで、我がチームが実践してきた部員勧誘活動の戦略を詳しくお伝えしてきました。とても長かったと思いますが、全て読んでいただきまして、ありがとうございます。ここでご紹介した部員勧誘活動をそのまま実行していただければ、あなたのチームにもたくさんの子供達が入団します。あなたのチームがますます発展すること請け合いです。間違いないです!と、言いたいところなのですが・・...

部員募集戦略のまとめ≠作りました。チームの実態を確立する1 チームの指導方針を明確にする2 指導方針に基づいた指導方法を具体的に詳細に決める3 指導方針、指導方法をチーム関係者全員が共通認識として持ち、それを守る詳細は⇒「少年野球チームが部員を増やすために一番大切なこと」部員勧誘活動を実施する1 ホームページを作る担当者 →1人(代ごとに変わる)費用 レンタルサーバー 月額約1000円ドメイン...