最先端!少年野球チームの部員募集戦略

 

 

野球人口は減少の一途をたどっています。
解散する野球チームも後を絶ちません。
このままでは野球界そのものが、その土台から崩れてしまいます。

 

 

今こそ野球チームのあり方を根底から考え直し、
現代社会に通用する部員勧誘戦略を立て、
野球界を盛り上げていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

サンプルホームページ

 

サンプルブログ

 

 

 

 

最先端!少年野球チームの部員募集戦略記事一覧

野球でしょ!!今回は部員募集活動に力を入れない野球チームの末路≠ノついてお話しします。昭和の時代は何もしなくても勝手に部員が集まっていた少年野球チーム。しかし、時代は変わってしまいました。少子化傾向に加えて野球以外のスポーツへの人気が高まり、近年ではほとんどの野球チームは部員が集まらずに困っています。部員不足で解散に追い込まれるチームが後を絶ちません。データで見ても明らか(→スポーツ少年団現況調...

ターゲット今回は消滅の危機にあった我がチームの父母会長が実践してうまくいった部員募集戦略の概要≠お話しします。⇒サンプルホームページ⇒サンプルブログターゲットは親前のページでも書きましたが、我がチームが実践した部員募集活動は、ビジネスにおける営業戦略の応用です。ビジネスにおける営業活動ではターゲットを明確に絞ることが鉄則です。なので、部員募集活動のターゲットも明確に絞ります。ターゲットは親...

昭和から続く伝統ある野球チームも、近年の野球人口減少の影響で次々に解散に追い込まれています。積極的に部員募集活動をしなければ、野球チームの存続は難しいのが現状なのです。他のチーム、他のスポーツに子供を取られないように、ちゃんとした戦略に基づいて部員募集活動を行いましょう。そのための第一歩が、ちゃんとしたホームーページ≠作ること。この章では、ビジネスサイトと同レベルのホームページの作成方法を解説...

「ホームページ」ができたら次は「ブログ」の作成です。既にお話ししましたように、入部すべき野球チームを探している親子は、それぞれのチームの直近の情報(部員数、試合結果、個々の選手のレベルなど)まで欲しがります。この直近の情報がないと、入団を決意する決め手に欠けるのです。そこで、この種の親子をチームに誘い込むために、直近の情報を時系列に沿って提供する「ブログ」を作成する必要があるのです。この章では、野...