キャッチボールB目的はコントロールをつけること。そのための練習方法とは?

 

 

目的意識

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD教材「野球のススメ」の中で224勝投手である工藤公康氏が解説されているコントロールをつけるためのキャッチボールの方法≠ノついてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッチボールの一番の目的はコントロールを身につけることです。
ただ、速い球を投げればいい、遠くに投げればいいというものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、コントロールをつけるための練習方法を説明します。

 

 

 

 

 

短い距離から始める

 

 

 

 

 

キャッチボールでは、相手の胸元にボールを投げなければいけません。
全球胸元に投げる、という意識をもってキャッチボールをしないとコントロールは良くならないのです。

 

 

 

 

 

 

しかし、いきなり遠い距離からキャッチボールを始めると、なかなか相手の胸元に投げることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、キャッチボールを始めるときは、まず自分が相手の胸元にボールをコントロールできる距離から始めます。

 

人によって、10メートルだったり8メートルだったり、5メートルだったりします。

 

それぞれの選手のその時のレベルに合わせて、キャッチボールを始める距離を決めます。

 

 

 

 

 

例えば、8メートルだったら胸元にボールを投げられるとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、まず8メートルから始めて3球続けて胸元にボールを投げることができたとします。

 

そうしたら、距離を少し伸ばします
10メートルにしましょうか。

 

 

で、こんどはその10メートルの距離でキャッチボールをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、3球続けて相手の胸元に投げます。

 

 

 

胸元からはずれてしまったら最初からやり直し。

 

 

 

 

 

 

3球続けて胸元にコントロールできたら、さらに距離を伸ばします。

 

 

 

 

そんな感じで、3球続けて胸元に投げるというルールを決めて、少しずつ距離を伸ばしていく。

 

 

 

 

 

 

 

このような方法でキャッチボールを続けていけばコントロールは確実に良くなってきます。

 

 

なんの目標も持たずに漠然とキャッチボールをしても、あまり効果はでません。
1球1球目的をもって、意味を持たせて練習を続けていきましょう。

 

 

 

⇒「工藤公康の野球のススメのレビュー

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加