キャッチボールC身体全体を大きく使って遠投

 

 

全身

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD教材「野球のススメ」の中で224勝投手である工藤公康氏が解説されている身体全体を使う遠投≠ノついてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

短い距離のキャッチボールが上手くできるようになったら徐々に距離を伸ばして、遠投をやってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠投をするためには今まで習ったこと全てのことが必要です。

 

 

 

正しい握りで縦回転のボールを投げないとボールは遠くに投げられません。
正しいフォームで投げないと、体の力が上手くボールに伝わりません。
コントロールが悪ければ、試合で使えません。

 

 

 

 

 

@正しい握り 

 

 

 

 

 

 

 

 

A正しいフォーム 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bコントロール

 

 

 

 

 

 

 

この3点がきちんとできているかどうかは、遠投をすればよく分かります。

 

 

 

 

さらに、遠投をするにあたっては、もう一つのポイントがあります。

 

 

 

 

C身体全体を大きく使う

 

 

 

 

短い距離のキャッチボールだと、下半身の力をあまり使わなくても相手に届きます。

 

しかし、30メートルを超えるような遠投になると、下半身も含めた体全体を大きく使って投げないと、相手に良いボールを投げることはできません。

 

 

 

軸足に体重を乗せて、しっかり前足を上げて下半身の力を十分に使ってボールを投げましょう。

 

 

 

 

 

 

遠投で体全体を使って投げる感覚を身につければ、例えばピッチャーをするときでも体全体を使ったピッチングができるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピッチャーをするとき、上半身主体の投げ方をしていると肘、肩の故障につながります。
将来そんなことにならないためにも、遠投体全体を大きく使って投げるフォームを覚えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒「工藤公康の野球のススメのレビュー

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加