ピッチングにおけるリリースポイントとリリースの練習方法

 

 

前でたた

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD教材「野球のススメ」の中で224勝投手である工藤公康氏が解説されているピッチングにおけるリリースポイントとリリースの練習方法≠ノついてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

リリースポイント

 

 

 

ピッチングにおけるリリースポイントは体のです。

 

 

このあたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これよりも後ろでボールをリリースすると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで腕を振ることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな動きをずっとしていると肘、肩を故障してしまいます。

 

 

 

必ず体の前でボールをリリースするようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

といっても、野球を始めたばかりの子供にとっては体の前でボールを投げることは難しいかもしれません。

 

そこで、正しいリリースポイントをつかむための練習を紹介します。

 

 

用意するものはグローブ

 

 

 

 

 

 

 

 

グローブを利き腕、つまりボールを投げる方の手で持ちます。

 

 

 

 

 

 

そしてグローブを持ったままピッチング動作をします。

 

 

 

 

 

 

そうするとグローブの重みで勝手に手首のスナップが起こります。

 

 

 

 

 

 

このスナップしたところがまさにリリースポイントです。

 

なんどもグローブを振る練習を繰り返して、リリースポイントを体で覚えましょう。

 

 

 

 

リリースのイメージ

 

 

 

次にリリースのイメージですが、投げる≠ニいうよりは叩く≠ニいうイメージを持ってください。

 

 

体の前にある対象物をを叩く、という感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな意識でリリースをすると腕がスムーズに振れて、良い回転がかかったボールを投げられるようになります。

 

投げる≠ニいう意識が強すぎると腕に余計な力が入って、押し出すような腕の振りになってしまい、良いボールにはなりません。

 

 

 

⇒「工藤公康の野球のススメのレビュー

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加