高めのボールの打ち方の基本→バットのヘッドを立てろ!

 

 

 

ヘッドを立てる

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD「スラッガー養成マニュアル」の中で元西武ライオンズ垣内哲也さんが解説されている高めの球の打ち方の基本≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高めの球が来た場合に絶対にやってはいけないこと。

 

 

それはバットを下から出すことです。

 

 

 

 

 

 

 

バットを下から出すと、ボールの軌道とバットスイングの軌道が合うのが一点しかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、高めの球に対してバットを下から出すと、体が開いてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これでは空振りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、高めの球が来たら、ヘッドを立てたまま上から打つという意識でバットを振ることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

その時、グリップエンドはインパクトまで水平に保ちボールを打つまでに最短距離でバットを動かします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうすることで高めの球をミートする確率が高くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクトのレビュー

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加