低めの球の打ち方の基本→上から叩くな!ボールの軌道にバットを入れろ!

 

 

 

少し下げる

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD「スラッガー養成マニュアル」の中で元西武ライオンズ垣内哲也さんが解説されている低めの球の打ち方の基本≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高めの球が来たら、ヘッドを立てたまま上から打つと前のページで言いました。

 

 

しかし、低めのボールの場合はヘッドを少し下げて打ちます。

 

 

 

 

 

 

 

低めの球に対して上からバットで叩くように打つの良くありません。

 

 

 

 

 

 

これではバットとボールの軌道が一致するのが一点しかないからです。

 

 

 

 

 

 

 

なかなかバットに当たりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドを少し下げる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、コースごとのポイントをお伝えします。

 

 

 

 

内角低め

 

 

 

体に近い内角低めの球に対してはインパクトの瞬間に軸足側の肩を下げてバットの高さを調節します(ボールの軌道に合わせる)。

 

 

 

 

 

 

 

 

このとき注意しなければいけないのは、引っ張らないことです。

 

 

 

 

 

 

引っ張ると大抵ファールになります。

 

 

 

 

 

 

 

しんかり腕をたたんでピッチャー方向へバットをぶつけるように打ちましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外角低め

 

 

 

 

体から遠い外角低めの球に対してはインパクトの瞬間に肘を伸ばすことでボールがバットの芯に当たるように調節します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真ん中低め

 

 

 

 

真ん中低めは比較的打ちやすい球です。
真ん中低めの球が来たら、ボールに逆らわずセンター返しを心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクトのレビュー

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加