ホームランバッターの手首の使い方→バッティングのインパクトで押し込む!

 

 

 

押し込む

 

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

野球DVD「スラッガー養成マニュアル」の中で元西武ライオンズ垣内哲也さんが解説されている打球を飛ばすバッティングのインパクト≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

バットとボールが当たるインパクトのポイントがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

そのインパクトポイントに、 いかに正確に、早くバットを出すか。

 

 

 

正確に

 

早く

 

 

 

それによって打球の飛距離は大きく変わります

 

 

 

 

そして、正確に早くバットを出すために、これまで

  1. グリップの握り方
  2. バット構え方
  3. 打席での体重の載せ方
  4. バッティングのステップ幅
  5. バットのテイクバック

を学んできました。

 

 

 

 

 

ここまでの基本ができていれば、ポイントに、正確に早くバットを出すことは可能となります

 

 

しかし、それだけでは足りません

 

打球を遠くに飛ばすためには、実はインパクトの後が重要なのです

 

 

 

 

 

打球があまり飛ばない人は、インパクトの直後に手首を返します

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、これではあまり遠くには飛びません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くに飛ばすためには

 

 

インパクトの直後に

 

 

 

 

 

 

 

押し込む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッチャー側の手で押し込む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右バッターなら右手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左バッターなら左手で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バットを押し込む

 

 

 

 

その後に手首を返す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように押し込む動作を上手く加えることが打球を遠くに飛ばしホームランを打つためのコツなのです

 

 

 

 

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクトのレビュー

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加