素振りはピッチャーを見ろ!コースを見ろ!→バッティング練習の基本です

 

 

 

ピッチャーを見る

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD「スラッガー養成マニュアル」の中で元西武ライオンズ大塚光二さんが解説されている素振りの仕方≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素振りはみんな毎日やっていると思います。
でも、多くの選手は間違った素振りの仕方をしています。

 

 

 

それはボールが当たるところだけを見て素振りすること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはダメ

 

 

 

 

バッティングはまずピッチャーを見るところから始まります。
その次にピッチャーが投げたボールを見る。
当たり前のことを言っているように思えるかもしれませんが、 これはとても重要なことです。

 

なので、素振りで大切なことは、ピッチャーが投げることを頭の中でイメージして、 タイミングを取りながらスイングすることです。

 

やみくもにバットを振っても効果的ではありません。

 

 

 

 

ピッチャーが振りかぶる

 

 

 

 

 

 

ピッチャーの手からボールが放たれる

 

 

 

 

 

 

打つ

 

 

 

 

 

 

 

 

また、自分が今、どこに向けてバットを出しているのか、 ということも大事です。
コースをイメージしながらスイングしましょう。

 

 

 

 

内角高め

 

 

 

 

 

 

 

内角低め

 

 

 

 

 

 

 

外角高め

 

 

 

 

 

 

 

外角低め

 

 

 

 

 

 

 

ど真ん中

 

 

 

 

 

 

 

それぞれのコースをイメージしながら素振りをしましょう。

 

 

 

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクトのレビュー

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加