体が開く癖を矯正するインコースからのティーバッティング|打撃練習応用編3

 

 

反対側から

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD「スラッガー養成マニュアル」の中で元西武ライオンズ大塚光二さんが解説されている体が開いてしまう癖を矯正するためのティーバッティング≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

バッティングの際に、体が開いてしまう癖があるバッターがいます。
この癖がある選手は結構多いです。

 

 

 

 

 

 

しかし、それでは下半身の力が上手く伝わらず強い打球が打てないし、特にアウトコースのボールを打てなくなってしまいます。

 

 

 

 

そこで、この癖を矯正するためにティーバッティングで練習をします。

 

 

 

 

 

通常、ティーは打者からみてアウトコースの方から上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、体が開いてしまう癖がある打者に対しては、その反対方向、つまりインコース側(体が開く方向)からティーを上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このティーバッティングを繰り返し続けていると、次第に体が開く癖がなくなり、体重が乗った強い打球を打てるようになっていきます。

 

 

 

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクトのレビュー

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加