強い打球を打つためのフォロースルー⇒肩のラインで振り抜け!

 

 

 

体に沿わせる

 

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

野球DVD「スラッガー養成マニュアル」の中で元西武ライオンズ垣内哲也さんが解説されているフォロースルー≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前のページでインパクトの瞬間に押し込むことの大切さを説明しました。

 

 

 

 

 

 

           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、バッティングはそこで終わりではありません。

 

 

インパクトで押し込んだ後のフォロースルーまでしっかりやることで完成するのです。

 

 

 

つまり、

 

フォロースルーとは@インパクトでボールに与えたパワーをさらに強くして、 そしてA打ったボールの方向性を決めるための大切な動作なのです。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、正しいフォロースルーの形についてですが

 

 

 

バットを体に沿わせる形で振り抜く

 

 

 

これが基本です

 

 

 

 

 

 

こんな感じでバットを体に沿わせて肩のラインで振り抜く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうフォロースルーをすることでスイングのパワーが最大限にボールに伝わり、ホームランを打つことができます。

 

 

 

 

 

フォロースルーに際して注意しなければならないこと

 

 

 

 

 

バットが頭の後ろまで来てはいけない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでバットが頭まで来ると、頭と右肩が下がり、 バランスが悪くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭と肩が下がる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これではせっかくのパワーを逃してしまい、ボールが思うように飛んでいきません。

 

 

 

 

フォロースルーは肩のラインで止める

 

 

 

 

 

 

 

 

こうするとこでスイングフォームが崩れることなく、パワーを上手くボールに伝えることができます。

 

 

 

 

 

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクトのレビュー

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加