長距離バッターのテイクバック→足は前で手は後ろ!

 

 

 

弓を引く

 

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

野球DVD「スラッガー養成マニュアル」の中で元西武ライオンズ垣内哲也さんが解説されている打球を飛ばすテイクバック≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピッチャーが投げるボールを打つタイミングを取るためにバッターはテイクバックという動作をします

 

 

つまり

 

ピッチャーが足を上げたら

 

 

 

 

 

 

バッターは軸足に体重を乗せ

 

 

 

 

 

 

 

 

ピッチャーに向かって前足を出しに行く

 

 

 

 

 

 

 

 

この前足を出しに行く動作に合わせてグリップを体の後方に引く(前の腕を張る)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがテイクバックです

 

足を上げるタイプの人もすり足タイプの人も一緒です

 

 

 

 

 

 

間違っても足を前に出すときにグリップが一緒にでてはいけません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足は前 

 

ブリップは後ろ

 

 

 

 

 

 

 

テイクバックをすることでボールとの間合いを取るわけですが
この時、とても大切なことがあります。

 

 

それはテイクバックをできるだけ大きくとること(前の腕をできるだけ張ること)

 

 

弓矢の原理と同じです。
矢を遠くに飛ばすためには、弓をできるだけ大きく引く必要があります。
ボールを遠くに飛ばすためには、テイクバックを大きくとる必要があるのです。

 

ボールとの間合いをとる。
ボールを飛ばすエネルギーをためる。

 

これがテイクバックという動作をする意味です。

 

 

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクトのレビュー

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加