速球(ストレート)を打つコツ→速いスイングとタイミングと腕を伸ばすこと!

 

 

 

タイミング

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD「スラッガー養成マニュアル」の中で元西武ライオンズ大塚光二さんが解説されている速球の打ち方の基本≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

速いボールを打つためには、 速いスイングが必要ですが、 それと同時に、タイミングの取り方も重要です。

 

 

 

いくらスイングスピードが速くても、バットの始動が遅れたらバットを振り切る前にボールはキャッチャーミットに収まってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、相手ピッチャーのストレートが速い場合には、バットの始動のタイミングを少し早くとることが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、相手ピッチャーの直球のスピードが速い場合、ついつい力んでしまいがちです。

 

 

 

 

 

 

しかし、体に力が入りすぎると逆にバットのスイングスピードは遅くなります。

 

 

 

 

 

 

なので、余計な力が入らないように、メンタルを整えて打席に入ることも重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

特に速いと感じる投手に対しては、 流し打ちのイメージを持って打席に入りましょう。

 

 

その際、インパクトからフォロースルーのときに腕を伸ばしきるようにするのがポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすることによって、 ボールの見極めがしやすくなります。
と同時に強い打球が打てるようになるというメリットがあります。

 

 

 

ただし、腕を伸ばすことによって、 内角が打ちにくくなるというデメリットが生じます。
そこで、厳しい内角への速球が来た時にはカットしてファールで逃げることを覚えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクトのレビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加