バットのグリップの握り方→初心者がバッティングフォームを身につけるための第一歩です!

 

 

 

自然に握る

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

野球DVD「スラッガー養成マニュアル」の中で元西武ライオンズ大塚光二さんが解説されているバットのグリップの握り方≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 まず、自然体で立つ

 

 

 

 

 

 

2 そして、軽く前かがみになる

 

 

 

 

 

 

 

3 両手を自然にだらんと垂らす

 

 

 

 

 

 

 

4 その手の位置にバットを優しく落とす

 

 

 

 

 

 

 

5 そのままバットを軽く握って

 

 

 

 

 

 

 

6 持ち上げる

 

 

 

 

 

 

 

 

7 そうすることでグリップを自然に握ることができる

 

 

 

 

 

 

 

8 なお、できれば第二関節がそろっていると良い

 

 

 

 

 

 

 

 

グリップの握り方にはフィンガーグリップ(指先を浅めにかけて握るタイプ)とパームグリップ(しっかりと手のひら全体で握るタイプ)がありますが、どちらのタイプが合うかは人それぞれです。
そして、今説明したやり方でグリップを握れば、自然と自分に合った方のの握り方になっています。

 

 

 

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクトのレビュー

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加