少年野球ダメ親あるあるB相手チームの子供がエラーして喜ぶオヤジ

 

 

おやじの背中

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

今回は「相手チームの子供がエラーして喜ぶオヤジ」について持論を語りたいと思います。

 

 

 

 

 

「落ちろ落ちろ!よっしゃー!!」

 

 

 

これも少年野球の試合中にたびたび聞こえてきますね。

 

相手チームの選手が大事な場面でエラーした時のオヤジの叫びですよ。

 

 

 

 

ん〜

 

 

そんなに嬉しいですか?

 

 

 

 

相手チームの子供だって一生懸命にプレーしているわけですよ。
その試合のためにずっと練習を積み重ねて臨んできたはずです。

 

それなのに、試合でエラーなんてしたらその子自身の心が痛みます。
大事な場面であればなおさらです。

 

団体スポーツの経験者ならわかるはずです。
本当に痛いんです。

 

 

 

そんな子供の傷口に塩をぶちかますような汚い言葉

 

 

 

よく言えますよね?
あなたの言葉がきっかけで、その子は野球が嫌いになってしまうかもしれないのですよ。

 

 

 

 

平気でこんな叫びを繰り返している保護者に言わせていただきます。

 

あなたは何のために子供に野球をさせているのですか?
勝つためですか?
勝ちさえすればなんでも良いのですか?

 

 

そうですか。
だったら分かり合えませんね。

 

 

私は違います。
私は子供が野球というスポーツを通して人間として健全に成長するために、息子の野球に付き合ってきました。

 

チームが勝つためではなく、チームの子供たちみんなが健全に成長するためにチームの活動に積極的に参加してきました。

 

だから私も、一人の大人として、子供の親として、恥ずべき事がないように心がけてきました。

 

 

 

「落ちろ落ちろ!よっしゃー!!」

 

 

 

 

こんな汚い言葉を吐くおやじの背中

 

子供には見せられませんよ

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加