投球動作の基本→前足は腰よりも高く上げる(軸足が折れたらダメ)

 

 

 

高く上げる

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

 

野球DVD「エースの方程式(勝利の方程式)」の中で元読売ジャイアンツ投手の橋本清氏が解説されている前足の上げ方≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボールを投げる前の動作である前足の上げ方は、ピッチングにおいてとても重要なポイントになります。

 

 

 

大切なことは、前足を腰(ベルトライン)よりも高く上げることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

前足を上げた際にしっかりとバランスをとる、しっかりと目標(キャッチャーミット)を見る、という形を作らなければなりません。

 

前足をしっかり高く上げてバランスを取れば、大体イメージした通りのコースに投げることができます。

 

特にストレートの速さで勝負する本格派のピッチャーは前足をできるだけ上げることが重要になります。

 

 

 

 

前足を高く上げる→間が取れる→体重移動がしっかりできる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その結果、パワーをため込んで勢いのあるボールを投げることが可能となるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に、前足が高く上がらないと→下半身の動きが小さくなる→上半身の動きも小さくなる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その結果、ボールに勢いがつかず、コントロールも定まらなくなります。

 

 

 

 

 

できるだけ足を高く上げ、大きなフォームで投げる

 

 

 

ここを意識しましょう。
そうすることで、リリースポイントで最大限のパワーが生まれ、勢いのあるボールを投げられるようになります。

 

 

 

 

 

 

なお、前足を上げる際に軸足の膝を折る投手が結構います。
しかし、このフォームは、あまり良くありません

 

 

 

 

 

 

膝を折って投げると、パワーを逃がしてしまい、体重移動が上手くできません。
その結果、勢いのあるボールを投げることも難しくなります。

 

軸足をしっかり伸ばせば、足裏にしっかり体重が乗ります。

 

 

 

 

 

この態勢からパワーをためて投げましょう。

 

 

 

 

 

また、前足をゆっくり上げる投手も結構います。
5球、10球程度なら良いでしょうが、先発ピッチャーならば100球投げることもあります。
足をゆっくり上げる動作を100回も繰り返すと、スタミナを浪費することになりフォームのバランスが崩れてしまいます。

 

 

 

 

 

 

これでは良いボールを投げ続けることはできません。

 

 

足はスムーズに早く上げる

 

 

ここも大切なポイントです。

 

 

 

 

⇒「エースの方程式(勝利の方程式)のレビュー

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加