ピッチングにおけるグローブ側の腕・手の使い方→強く引けば腕も振れる!

 

 

左右対称

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD「エースの方程式(勝利の方程式)」の中で元読売ジャイアンツ投手の橋本清氏が解説されているグローブ側の腕の使い方≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

良いボールを投げるためには、ボールを持っている利き腕ばかりを意識するのではダメです。

 

グローブ側の腕の使い方も実はとても重要なのです。

 

 

 

人間の体の動きは左右対称にできています。

 

例えば、左腕を高く上げれば、右腕も高く上がります。
左腕を早く動かせば、右腕も早く動きます。
左手をぐっと強く握れば、右手もぐっと強く握れます。

 

 

ピッチングでも同様です。

 

 

ピッチャーが勢いのあるボールを投げるためには、ボールを握っている利き腕を高く上げて強く振ることが必要です。
しかし、そのためには利き腕よりも先に動くグラブ側の腕の動きがとても重要なのです。

 

 

すなわち、ピッチングにおいてはグローブ側の腕をできるだけ高く上げることが重要です。

 

 

 

 

 

 

高く上げれば、グラブ側の腕を自分の体に向けて引っ張る時間が増えます。
時間ができれば利き腕を高く上げる時間もできます。

 

 

 

 

 

 

 

逆に、グラブ側の腕が低かったら、利き腕の位置も低くなり、強く振ることができません。

 

 

 

 

 

 

これではダメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

グローブ側の腕は高く上げる。
少なくとも肩のラインよりは高く上げることが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、高く上げたグラブ側の腕を、脇の方向にぐっと、強く引っ張ります。

 

 

 

ぐっ!と

 

 

 

 

 

 

ぐっと引くことで胸が張ります。

 

 

 

 

 

 

そして、張った胸にひっぱられるように、利き腕を勢いよく振ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

グラブ側の腕をぐっと強く引く。
その結果、利き腕を強く振れる。

 

左右対称なのです。

 

 

 

 

 

 

 

なお、グラブ側の腕を引くときに、グローブの中の手をぐっと握ってください。

 

 

 

 

 

 

強く。
ぐっと握る。

 

 

そうすると、反対側の利き腕の手もぐっと力が入ります。
その結果、指にかかった回転のいいボールを利き腕から放つことが可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

左右対称なのです

 

 

 

 

 

 

 

なお、グローブ側の腕をだらーっと使う投手が結構います。

 

 

 

 

 

 

これではダメです。
利き腕の動きもだらーっとしてしまいます。

 

左右対称です。
ボールを放つ利き腕を勢い良く振るために、グローブ側の腕も強く使ってください。

 

 

 

 

⇒「エースの方程式(勝利の方程式)のレビュー

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加