投球動作・トップまでの腕の使い方→手のひらが外を向くとアーム式になって危険です!

 

 

 

ラジオ体操手足の運動

 

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD「エースの方程式(勝利の方程式)」の中で元読売ジャイアンツ投手の橋本清氏が解説されているトップまでの腕の使い方≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

ラジオ体操第一の手足の運動≠みなさんしたことがあると思います。

 

 

これですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの動きが、ピッチングにおけるトップまでの腕の使い方に近いのです。

 

 

 

 

手のひらに着目してください。
手のひらが体の内側を向いています。

 

 

 

 

 

 

外側じゃないですよね?
内側です。
内側を向けて手を上げることが重要です。

 

 

 

 

そして、高く上げる。

 

 

 

 

 

 

少なくとも肩のラインよりも高く上げる。
高く上げることで、その後のフォロースルーまでスムーズに腕を振ることができるようになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

なお、ピッチングの指導において「肘を上げろ」「上から投げろ」とよく言われます。

 

 

 

 

 

 

でも、ただ単に、肘を上げる、上から投げるだけではだめです。
その際、手がどういう角度でトップまで持ってくるかが重要です。

 

 

 

 

 

手のひらは内側

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっき言いましたように、手のひらが体の方を向いている状態で腕を上げることが重要です。

 

 

 

 

 

手のひらが外を向いてたらダメです。

 

 

 

 

 

 

外を向いた状態で、腕を上げると、いわゆるアーム式%竃@になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

アーム式は肘も肩も使えてない投げ方であり、怪我につながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手のひらは自分の体に向けながらトップ(耳の後ろ)に持ってくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この動きをしっかり身に着けてください。

 

 

 

 

 

 

最後に、ちょっと実践してみましょう。
みなさんも、やってみてください。

 

 

 

手のひらを外側に向けて腕を上げてみます。

 

 

 

 

 

 

 

ん・・・なかなか上がらない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、内側に向けて腕を上げて見ます。

 

 

 

 

 

 

スムーズに上がりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

手のひらは内側

 

 

 

 

手のひらを体の内側に向けて投げることが、人間の体に適した投げ方なのです。

 

 

意外にこれができていないピッチャーがいます。
ここができていないと、将来大きなけがにつながります。
必ず、ここは守るようにしてください。

 

 

 

⇒「エースの方程式(勝利の方程式)のレビュー

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加