ピッチャーの下半身の使い方→間≠作れ!インステップ、アウトステップはダメ!

 

 

 

踏み出しの間

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD「エースの方程式(勝利の方程式)」の中で元読売ジャイアンツ投手の橋本清氏が解説されているピッチャーの下半身の使い方≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピッチングの際の踏み出しはが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間≠ェないと、体重が上手くボールに乗らず、良いストレートを投げることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり体重を移動させるための間≠ェ大切なのです。

 

 

 

 

 

そして、踏み出す際の間≠作るには下半身が強くなければできません。
だから、野球選手の中でも特に投手は下半身を鍛えることが重要になるのです。

 

 

 

小学生、中学生の時期はまだまだ下半身の筋力は弱いので十分な間≠ヘとれないでしょうが、それでも下半身をしっかり使うという意識で投げることは大切です。

 

下半身を使うというイメージでピッチングを続けていけば、やがて筋力がついてきたときに良いストレートが投げられるようになります。

 

とにかく下半身をしっかり使うことがピッチングにおいて重要なのです。

 

 

 

 

次に重要なのが、踏み出した足先の向きです。

 

 

 

踏み出した足のつま先はキャッチャーに向ける

 

 

 

 

 

 

ここは必ず守ってください。
つま先をキャッチャーに向けることで、軸足にためたパワーがしっかりと踏み出した足に乗ります。

 

 

 

 

 

 

そうすることで勢いのあるボールを投げることが可能となるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

踏み出した足がインステップしてしまうと、最後まで体が回転せず、うまく腕を振れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでは勢いのあるボールを投げることはできません。

 

 

 

 

 

逆に踏み出した足がアウトステップしてしまうと、せっかく軸足にためたパワーが、体が開くことで逃げてしまいます。

 

 

 

 

 

間≠上手く作れないし、体重移動もスムーズにいきません。
下半身は足先が向いている方向に向かい、腕はキャッチャーに向けて振られる。

 

 

 

 

 

 

下半身と上半身の動きがバラバラで、指先にパワーが伝わらず、いわゆる抜けたボール≠ノなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

つま先はキャッチャーに向ける

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生でも意外にここができていない投手がいます。
ピッチングの基本ですから、しっかりと体に染み込ませてください。

 

 

 

 

⇒「エースの方程式(勝利の方程式)のレビュー

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加