フォーク(スプリット)の投げ方・握り方→均等の力で挟む(浅い、深いは個人差あり)

 

 

左右均等

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

野球DVD「エースの方程式(勝利の方程式)」の中で元読売ジャイアンツ投手の橋本清氏が解説されているフォークの投げ方≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

フォークの性質

 

 

フォークは打者の手元でストンと落ちるボールです。

 

 

 

 

 

 

なぜ落ちるかというと、ボールの回転数が少ないから。
回転数が少ないから重力に引っ張られてすとんと落ちるのです。

 

 

 

 

フォークの握り方

 

 

では、フォークを投げるためのボールの握り方を説明しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

フォークを投げるときは人差し指中指でボールを挟むようにして握ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

この握りで腕を振ると、人差し指と中指の間からボールがすぽっと抜けて、回転数の少ないボールとなって打者の手元で落ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

     すぽ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、注意点を3つ

 

 

 

1 ボールを挟む場所

 

 

 

 

ボールを挟む場所、指の開き加減は人それぞれです。

 

 

 

 

指が短い投手は浅めに

 

 

 

 

 

 

 

 

指が長い投手は深めに握ることになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

大事なことは
すぽっと回転が少なく抜けるポイントを自分で見つけること。

 

なんども投げて、ボールがよく抜けるな、よく落ちるな、というポイントを見つけてください。

 

 

 

 

2 指への力の入れ具合

 

 

次に、投げるときの指への力の入れ具合について

 

 

できるだけ無回転に近いボールを投げることが重要です。
回転が少なければ少ない程、大きく落ち、しかも揺れます。

 

 

そのためには人差し指と中指が左右均等に力を加えること。

 

 

 

 

 

 

左右の力が均等だと、ボールがスポっと抜け、回転数が少なくなります。

 

 

どちらかに力が不均衡にかかっていると、ボールに回転がかかり、良いフォークは投げられません。

 

 

 

 

 

3 親指の位置

 

 

親指は特に意識しなくてよいです。

 

 

オーソドックスな位置はボールの真下。 

 

 

 

 

 

 

サイドに添える人もいます。

 

 

 

 

 

ボールの抜け具合、落ち具合を確認しながら、自分がしっくりくる位置を見つければよいです。

 

 

 

 

⇒「エースの方程式(勝利の方程式)のレビュー

 

このエントリーをはてなブックマークに追加