シュートの投げ方・握り方→人差し指だけで押せ!体を開くな!

 

 

人差し指で押す

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD「エースの方程式(勝利の方程式)」の中で元読売ジャイアンツ投手の橋本清氏が解説されているシュートの投げ方≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

シュートの握り方

 

 

 

 

シュートを投げるときのボールの握り方を説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、人差し指をボールの縫い目にかけます。

 

 

 

 

 

 

 

中指は縫い目の外側におくだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

親指も縫い目にかけずにおきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この握り方で腕を振ると、シュート回転がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュートの腕の振り方

 

 

 

 

次に、シュートを投げるときの腕の振り方を説明します。

 

 

腕の振りの軌道、腕を振る速さは基本的にストレートと同じです。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、以下の2点に注意してください。

 

 

 

1 体を開かない

 

 

ピッチングのとき、体を開いてはいけないということは既にお話ししました。

 

ピッチングで体を早く開くな!壁を作って投げよう!

 

 

 

この点は、シュートを投げるときに特に気を付けなければいけません。
なぜなら、ボールをシュート回転させようとすると、ついつい体が早く開いてしまうからです。

 

 

 

 

 

 

 

体が早く開くと良いボールが投げられないことはシュートのときも同じです。

 

カベを作って狙ったところに体全体で向かっていくことを忘れないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

2 人差し指で押す

 

 

ストレートを投げるときは、縫い目にかけた人差し指と中指でガッ≠ニ縫い目をひっかくようにして縦回転をかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、人差し指と中指には同じくらい強い力を込めることになります。

 

 

 

 

 

しかし、シュートを投げるときは違います。

 

シュートを投げるには、リリース時に人差し指にだけ力を入れます。

 

 

 

 

 

 

そうすることでボールに鋭いシュート回転がかかるのです。

 

 

 

 

 

 

人差し指と中指に均等に力を入れたらいいシュートを投げることはできません。

 

 

 

 

シュートの効果

 

 

 

右投手のシュートは特に右打者に有効に効きます。
左投手なら左打者に効きます。

 

体の内側に食い込んでくるボールはどうしても詰まってしまうのです。

 

シュートを取得するとピッチングの幅が広がりますので、がんばって練習してください。

 

 

 

⇒「エースの方程式(勝利の方程式)のレビュー

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加