ピッチングにおける力の入れどころ→リリース(ボールを指先でかくとき)だけ!

 

 

静から動

 

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD「エースの方程式(勝利の方程式)」の中で元読売ジャイアンツ投手の橋本清氏が解説されているピッチングにおける力の入れどころ≠ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピッチングにおいてやりがちな失敗

 

 

 

 

 

それは力むこと

 

 

 

 

力んではダメです。

 

力んで投げると、体の動きがスムーズに連動しなくなり、逆にボールに力が伝わりにくくなります。
(野球を始めたばかりの小学生はだいたい力んで投げてますよね・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、最初は無駄な力を抜き、リラックスした状態で構えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、この時唯一力を入れていい場所があります。

 

 

 

それはお腹

 

 

ベルトのちょっとした当たりの下腹部

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにちょっと力を入れる、というか意識を置くと軸がしっかりできて体のバランスが良くなります。

 

 

 

お腹に意識を置いてキャッチャーを見る。

 

 

 

 

 

 

 

足を上げる(まだ力を入れない)

 

 

 

 

 

 

 

 

軸足にしっかり体重を乗せてバランスがとれたら、そこから前足を踏み出していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前足を踏み出し始めてからようやく力を入れていきます。

 

一気にではありません。

 

徐々に徐々にパワーを上げていく感じです。

 

 

 

 

そして、ボールをリリースする瞬間にパワーを全開にする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静から動

 

 

 

 

 

 

このパワーの上げ方が重要です。

 

ピンチの時など、ついつい力んでしまいがちなので、静から動≠ヘ常に忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

⇒「エースの方程式(勝利の方程式)のレビュー

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加