野球のボールの握り方→親指の側面で支える!小さい子供は3本指でもOK!

 

 

 

優しく

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD「内野守備・上達革命」で元西武ライオンズの清家政和氏が解説されているボールの握り方≠説明します。

 

 

 

 

 

 

 

ボールの握り方

 

 

 

まず、ボールの握り方を説明します。

 

 

大人の握り方

 

 

ボールの縫い目には山があります。

 

 

 

 

 

 

この山の一番高い位置中指をかけます。

 

 

 

 

 

 

そして、その横に人差し指をかける。

 

 

 

 

 

 

 

そして、親指はその真下に置きます。

 

 

 

 

 

 

 

その際、親指の側面でボールを支えるように持ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、ボールは深く握らない。
深く握ってしまうと、ボールに良いスピンがかからず、勢いのあるボールを投げることができませんから。

 

 

 

 

 

 

このくらいの間隔ができるように浅く握ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、中指と人差し指の間は指1本分くらい空けるのが基本です。

 

 

 

 

 

 

速いボールを投げたいときは、間隔をもう少し狭くする。

 

 

 

 

 

コントロールを重視するときは、間隔をもう少し広くします。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、速さとコントロールを両立するには、指1本分空けるのが丁度いいです。

 

 

 

 

 

 

手が小さい子供の握り方

 

 

小学生のうちはまだ手が小さい子が多いです。
手が小さい子が無理に中指と人差し指でボールを握ろうとするとボールを深く握ってしまうことになります。
深く握ると良いボールが投げられないことはさっきお話しした通りです。

 

 

 

なので、手が小さいうちは、3本指で握るようにしましょう。

 

中指を中心に置いて、指1本分間隔を空けて人差し指と薬指を置く。

 

 

 

 

 

そして、浅く握る。

 

 

 

 

 

浅く握って、投げるときにスナップを効かせてスピンが効いたボールを投げる感覚を、小さいうちから身につけるようにしましょう。

 

 

以上が、ボールを握る形です。

 

 

 

 

ボールを握る強さ

 

 

 

次に重要なことをお話しします。

 

 

 

それはボールを強く握りすぎないこと。

 

 

 

   

 

 

強く握ってしまうと、良いボールを投げることはできません。

 

 

 

 

叩かれたら落としてしまうくらいに力を抜いてボールを握ることがコツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優しくボールを握って、しっかり腕を振り、ボールをリリースする瞬間にだけ指先に力を入れる

 

 

 

 

 

 

そうすることで速いスピンの効いた良いボールを投げることができます。

 

 

 

 

⇒「内野守備・上達革命のレビュー

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加