内野手と外野手の間に落ちる中間フライの捕り方→声を出して外野手が捕るのが基本

 

 

 

オーライ!

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

野球DVD「内野守備・上達革命」で元西武ライオンズの清家政和氏が解説されている内野手と外野手の間に落ちる中間フライの捕り方の基本≠説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

内野と外野の間に落ちそうな中間フライは試合でよく上がります。

 

 

 

 

 

 

 

この時、外野手と内野手が同時にフライを追いかけているので、ぶつかる危険があります。

 

 

 

 

 

 

ぶつかってしまったらボールを捕れないし、ケガする危険もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、衝突をさけるために、「自分が捕る!」と思った時は必ず大きな声でオーライ!と言って、
自分が捕るという意思を周りの選手に伝えましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、ボールの落下地点が外野手でも捕れそうなエリアだと内野手が判断した場合には、
基本的には外野手にキャッチを任せましょう

 

 

 

 

 

 

ボールを後ろ方向に追う内野手よりも、前方向に追う外野手の方が簡単にボールを捕れるからです。

 

 

 

⇒「内野守備・上達革命のレビュー

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加