内野ゴロのさばき方→正面から入らない!バウンドの軌道を右斜めから見て捕れ!

 

 

 

斜めから

 

 

 

こんにちは。
『テックロ野球研』のテックロです。

 

 

 

野球DVD「内野守備・上達革命」で元西武ライオンズの清家政和氏が解説されている内野ゴロの捕りにいき方≠説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

バウンドが小さいゴロならボールの軌道に正面から入っても簡単に取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、バウンドが大きいゴロの場合、正面から見ているとバウンドの軌道を捉えることが難しくなります

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページで説明したように内野ゴロには捕りやすいゾーン≠ニ捕りにくいゾーン≠ェあります。

 

そして、確実にゴロをキャッチするためには捕りやすいゾーン≠ノ入らなければいけません。

 

でも、ゴロを正面から見ているとそれが難しくなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、バウンドが大きい内野ゴロが来た場合には、ボールの軌道に対して(自分から見て)右側によけてボールの軌道を斜めから見るようにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ボールをキャッチする直前に、斜めからボールの軌道の正面に入っていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような入り方をすることでエラーを少なくすることができます。

 

 

 

⇒「内野守備・上達革命のレビュー

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加